大型2種合宿免許6〜10日目

6日目 フォークリフト8:00〜18:00+大型2種の場内2時間

7日目 大型2種の修了検定+路上3時間・座学2時間

8日目 フォークリフト8:00〜17:00+大型2種の路上2時間・座学1時間

9日目 フォークリフト8:00〜17:00+大型2種の路上3時間

10日目 フォークリフト8:00〜17:00+大型2種の路上3時間

今回フォークリフト免許も+29,240円(税込み)で加えた為、上記のスケジュールで進むのですが、フォークリフトの講習は車で5分ぐらいのところにマツキグループの「さくらんぼ校」で行いました。

さくらんぼ校は、厨房がない為、仕出し弁当になります。チケットを出してお弁当をとるのですがセルフのため勝手にとってもバレないじゃないかなと思いました(みんな真面目なのでそんな人いませんでした)。そして、猫もいないし新幹線も通りませんが、ドリップコーヒーとカップ麺とパンの自動販売機がありタマに山からサルが見学に来るそうです。

フォークリフトの1日目(6日目)は8時〜18時と聞いていましたが、実際は9時〜17時くらいでした。受講者は10名ほどで座学を9時〜16時で行い16時〜筆記試験を行い合格者から終了という流れでした。テストは簡単なもので参加した10名が全員15分位で全員合格し退出しました、内容は法令についてと安全についてだったと思います。

18時に村山校より迎えにきて2時間場内練習して終了、雪こそ積もってませんでしたが18時〜20時のバスの運転は暗くて中々に疲れました。

フォークリフト2〜4日目(8〜10日目)は実技の講習でした。

受講者の半分は地元の会社よりフォーク・クレーン・玉掛け(荷物をクレーンワイヤーに固定する技術)を取得しに来るのと、遠方より運送や倉庫の会社より準中型や大型とフォークを取得しに来る人が半分でした。あと此処は全員男性でした。

実習は安全な確認や操作の手順でフォークリフトを操作し1tくらいの荷物を運ぶ練習をしました。荷物の置く精度は2㎝前後、フォークの移動は5〜10㎝の精度で操作する練習でした。

オッサンであるヤツフサが一番覚えが悪かったですが、それでも安全に落ち着いて行えば十分合格できる基準でした。

しかしながら、フォークリフト研修中は5:30起きして6:00に朝食、村山校に6:30送迎、朝7時に路上1時間乗って、さくらんぼ校に送ってもらいフォークリフト実習、後夜暗くなってからのバスの路上実習、白線や街路樹が見え辛い、宿舎に帰るのが20:30頃、其れから食事をして風呂に入ってやっと落ち着く感じで、この期間は少し疲れました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です